茨城県、大洗研究開発センターで作業員五人に放射性物質が付着する事故

no image
 日本原子力研究開発機構は6日、茨城県にある大洗研究開発センター内の高速炉用核燃料の研究・保管施設「燃料研究棟」で、作業員五人に放射性物質が付着する事故があったと発表した。うち3人から最大24ベクレ…

続きを読む

スポンサーリンク