ユナイテッド航空、アジア人男性を引き摺り下ろす

アメリカのユナイテッド航空3411便で、実際の席数以上に予約を受け付けてしまったことによる(オーバーブック)定員オーバーのため、機内からおりるよう要請された69歳のアジア人男性が拒否したため警察によって暴力的に機内から引きずりおろされたという。実際の動画が、居合わせた乗客によって投稿され、メディアやSNSで拡散されている。

自主降機に応じるものなく、コンピューターでランダムに選ばれた4人


 ユナイテッド航空は到着先への移動が必要な4人の自社乗務員の座席を確保できておらず、オーバーブックの状況を招いてしまったため金銭と宿泊を条件に乗客が自主的に降機することを望んだものの、挙手する人がいなかったためコンピューターでランダムに4人選出。当該男性は医師で、翌日も患者を抱えていたために拒否したが、シカゴ市警察が呼ばれ暴力的に強行された。動画には機内の床を引きずられていく男性の呆然とした表情と、それを見るほかの乗客たちの緊迫した空気がうつされていた。

顔面血だらけでパニック状態


強制的に降機させられた男性医師は、オーバーブック自体が手違いだったことが分かったために機内へ戻ってきた。しかし「家に帰る、家に帰る」と繰り返し通路を駆け抜け機内のカーテンにしがみつき「殺してくれ、殺してくれ」とつぶやいている様子。降ろされる時、座席の手すりに強く顔をぶつけたため顔面から流血していた。

ユナイテッド航空代表、謝罪するも見当はずれ


その後ユナイテッド航空CEOは、公式サイトやSNSで謝罪のコメントを流した。「今回のことはユナイテッド航空にとって気が動転するような出来事でした。(4人の)乗客に(座席の)再調節をさせてしまったことを謝罪いたします」
ユナイテッド航空のチームは詳細を把握すべく急速に動いており、乗客とも直接コンタクトを取るとしていますが、謝罪はオーバーブックに対してなされたに留まり男性への暴力的な対応には何もコメントされませんでした。
SNSでは、「飛行機の床にドクターを引きずったことがただの『再調整』だっていうのか?」などと憤るコメントが殺到し、ユナイテッド航空の利用をやめようと呼びかける「♯BoycottUnited」「♯BoycottUnitedAirlines」のタグが拡散されている。

この記事へのコメント

スポンサーリンク