フジテレビ月9『貴族探偵』、低視聴率から逃れられず?

最近では、毎クール低視聴率が話題になるフジテレビ月9だが、昨日17日に『貴族探偵』の第1話が放送された。

貴族探偵 1話あらすじ


 探偵の高徳愛香(武井咲)はとある日、ポルチーニ・パーティーに参加するため友人の玉村依子(木南晴夏)の別荘を訪問する。そして、地下にある井戸で男性が殺されているのを発見した。さっそく神奈川県警の鼻形雷雨(生瀬勝久)ら刑事が到着し捜査を始め、依子らパーティー参加者5名のなかの誰かが犯人だと宣言したところで、どこからともなく「貴族探偵」だと名乗る男(相葉雅紀)と、その召使いの佐藤(滝藤賢一)、田中(中山美穂)、山本(松重豊)が登場し、貴族探偵と高徳はどちらが先に真犯人を割り出すことができるかを競うことに。しかし、貴族探偵は召使いたちに推理をさせ、自身は釣りを楽しんだりと遊び呆け、高徳の怒りを買う。

相葉くんのファンが見るドラマ


コメディータッチのファンタジー?のようだが、どこをどう楽しめばよいのかよくわからず、「相葉くんのファンなら、楽しいのかな??」というのが正直な感想である。
面白いキャラもいるのだが、たとえばダメ刑事・鼻形役を演じる生瀬の演技とか、よくわからないけどポルチーニの件はなんだか笑えたし。



と、題材や脇を固める俳優陣は見ものでもあるのだが、なんだか主役の二人とかみ合っていないような印象を受ける。筆者が感じて残念だったのは、相葉くんの『貴族感』の薄さだろう。

また月9が失敗しているぞーなんて言われないよう頑張って欲しいところである。

この記事へのコメント

スポンサーリンク