茨城県、大洗研究開発センターで作業員五人に放射性物質が付着する事故

 日本原子力研究開発機構は6日、茨城県にある大洗研究開発センター内の高速炉用核燃料の研究・保管施設「燃料研究棟」で、作業員五人に放射性物質が付着する事故があったと発表した。うち3人から最大24ベクレルの放射性物質を検出し、内部被ばくの程度を調べている。汚染は微量とみられ、施設外への放射性物質漏れはなかったという。




 日本原子力研究開発機構によると6日午前11時15分ごろ、ウランとプルトニウムの混合燃料が入った金属製の保管容器を点検中、容器を覆うビニールが破裂し、20~50代の作業員男性5人が粉末状とみられる放射性物質を浴びたとのこと。
 5人は鼻から下を覆うマスクと防護服を身に着けていた。放射性物質は5人の防護服の腕や足にも付着していた。原子力機構は、ビニールが破裂した原因を調べるとともに、事故が発生した部屋を立ち入り制限区域に設定した。

この記事へのコメント

スポンサーリンク