ヤマトとDeNAで「ロボネコヤマト」運用開始

このたび、DeNA(ディー・エヌ・エー)とヤマト運輸が2017年4月17日から2018年3月31日までの間、神奈川県藤沢市の一部エリアを対象に、「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を実施することが明らかになった。オンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と、買い物代行サービス「ロボネコストア」の2つのサービスを提供するという。 完全自動運転車による無人宅配サービスの実験 ロボネコデリバリーは、受取人が希望するの日時・場所で荷物を受け取ることができる配送サービスである。配送時刻の指定は配送希望日当日に10分刻みで選択可能で、対象エリア内であれば自宅以外の場所でも受け取り設定が可能。 ロボネコストアは、インターネット上の仮想モールから対象店舗の商品を一括購入できるサービス。地元の複数のお店の商品をまとめて注文・受け取りができる。荷物の到着予定時刻は、スマートフォンからリアルタイムで確認できる。小さな子どもを持つ家庭や高齢者を主な利用者として想定している。

続きを読む

スポンサーリンク